銀行系クレジットカードの特徴

バナー

銀行系クレジットカードの特徴

お金を借りる場合はクレジットカードにキャッシング機能が付属していれば借りることができます。クレジットカードには銀行系と消費者金融系があります。この違いは、銀行系のほうがお金が借りにくいという特徴があります。

つまり消費者金融系よりも銀行系のクレジットカードの方が審査が厳しくなるということです。



その代わり銀行系のクレジットカードは、上限額は高くなっています。
上限額が高くなっている理由は、単に審査基準が厳しいからという理由にすぎません。

クレジットカードの情報はここで調べよう。

そして、消費者金融系と銀行系の一番の違いが総量規制があるかないかです。


総量規制とはその人の年収の3分の1よりも多く借り入れすることができないという規制です。

この規制があるのは消費者金融系のみになります。

クレジットカード情報を調べられるこのサイトはオススメです。

そもそも総量規制とは、貸金業法によってさだめられたものですので、消費者金融には関係ありますが銀行系には関係ないのです。
銀行系の場合は、銀行業法という法律によってさだめられていますので、そこには総量規制の話しは出てきません。

ここまで間違いからわかることは、大きな額を買いたい場合は消費者金融系を頼みにするよりも、銀行系で借りた方がいいでしょう。


銀行系のクレジットカードのキャッシングは、上限500万円だとか、800万円になります。それだけ多くのお金を借りたい人であれば、銀行系に絞られるでしょう。
ただし、上限が高いからといって借り過ぎては返済不能になりますので、その点は注意が必要です。